トップ

セールスプロモーション

 

事業案内

オーダーメイドプログラムの構築 ~課題の組み立て~

セールスプロモーション

CSで企業の価値を再構築する

企業の重要な経営資源である モノ・カネ・情報 を活用し、企業文化を生み出していくのは、他ならぬ ヒト です。今一度、人材がすべての根幹にあることを再認識する必要があります。

企業のビジョンが的確に明示されていれば、従業員の意識やモチベーションに繋がり、おのずと企業文化を育んでいきます。そのためにも、「社内に向けた情報発信と社外に向けた情報発信」という、2つの視点からの情報提示が必要不可欠であり、双方に向けた情報発信力が企業価値に直結すると考えています。

これら一連の行為をビジネスデザインと捉え、問題解決のためにあらゆる情報を組み立てていきます。

  • コンセプトデザイン
  • グラフィックデザイン
  • システムデザイン
  • プロセスデザイン
CS(顧客満足)に繋がるビジネスデザイン
企業の重要な経営資源 ヒト モノ カネ 情報
企業の重要な経営資源を活用し、企業価値を生み出すためのアプローチ。
CHECK1 ヒトの問題 CHECK2 業務システムの問題 CHECK3 イメージの問題 CHECK4 広報(PR)の問題 従業員の個人的資質を高めると同時に、企業のアイデンティティを醸成。 人材を通じてビジネスのパフォーマンスを向上。 顧客に向けた情報発信と共に、顧客からの情報収集・分析、顧客の識別化。 顧客の心理状態に合わせたコミュニケーション(「絆」づくり)
課題の解決 CSの価値を企業文化に浸透させ、顧客と企業との信頼関係を構築することが我々の使命です。材を通じてビジネスのパフォーマンスを向上すると共に、いま、企業価値を高めるための 「情報発信力」 が問われています。
  • STEP1 CSの推進 CSの価値を企業文化に浸透させ、顧客との信頼関係を構築する。 CSには組織文化そのものが反映されています。つまり、組織の習慣がお客さまの目の前に現れるということです。高いお客様満足度を実現するためには、従業員のモチベーションが比例します。CSや接遇の推進、浸透、定着を目指して、まずは皆さんのマインドから見直していきます。
    講演・プログラムの紹介
  • STEP2 内部アプローチ 従業員の個人的資質を高め、企業のアイデンティティを醸成する。 企業として目指すべき姿や理念をCI(コーポレートアイデンティティ)に乗せて、企業メッセージをデザインします。これは外向きの発信にとどまらず、社内の意識や方向性を定める重要な役割を担います。 社内教育や社内の情報管理体制を整備することで、企業内で持続可能な価値を育みます。MI、BI、VIの構築 CIの構築、ロゴ制作 受発注システムの構築 顧客情報の管理 ...など
  • STEP3 外部アプローチ 多様な顧客接点(タッチポイント)を構築し、プロモーションの最適化を行う。 「あなたにとっての必要性」を訴求する事で、ブランディングや売り上げに貢献する一連のプロモーションをデザインします。 新規や既存の顧客など、必要に応じた情報設計・PRを実施することで、顧客と企業の関係性を構築することが重要です。弊社では、興味喚起を行ううえでの情報構成、ビジュアル表現を企画から制作まで一貫して行っています。 WEB、ECサイトの構築 カタログ・パンフレット制作 製品マニュアルのデジタル化 広告展開 ...など
情報資源の構築 セールスプロモーションの役割 ヒト×情報

※ MI ・・・ 企業理念や存在意義など、社員全員で思いをひとつにまとめて活動していく思考的アイデンティティ。
BI ・・・ 顧客に対する行動、接し方や、サービスのあり方などの行動指針。
VI ・・・ 企業の社名、ロゴ、イメージカラーなどに企業の存在感と思いをデザインした視覚的アイデンティティ。

  • お問い合わせフォーム
  • メールマガジンの購読

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ