トップ

プログラムとメディア制作

 

事業案内

ツール ~プログラムの構築~

ビジョン実現のためのマニュアル作成セミナー印刷

プログラムのご紹介

  • 講演
  • ビジョンが見えるCS向上セミナー
  • ビジョンを伝えるトレーナー養成セミナー
  • ビジョン実現のためのマニュアル作成セミナー
  • ホスピタリティが伝わる接客&ビジネスマナーセミナー
  • 新規プログラムの準備中です

プログラムの目的

業務の中にある組織のビジョンを明確にし、何を基準に判断し行動すればよいかが明確になるマニュアルの存在はスタッフに安心感を与え、効果的なトレーニングを実践するのに欠かせないツールです。そんなマニュアルを作るポイント、維持管理していくための手順を学びます。

プログラムの概要

マニュアルの位置づけを明確にし、実際に記載されるべき内容を抽出するなどの実演を通してマニュアル作成の基礎を伝えます。また、実際にマニュアルの一部分の作成にチャレンジするワークショップもあります。

※マニュアルに適した文章表現や陥りやすい間違いにはどのようなものがあるかを学べます。
※組織のビジョンがマニュアルの中にどのように反映されていればよいかが学べます。
※マニュアルは作成したら終わりではなく更新作業の中で磨かれて行くことが理解できます。

期待される効果

・スタッフの資質による対応のばらつき、トレーニングのばらつきを抑えることができます。
・日常の業務の中で全員が役割と分担を理解して、同じゴールを目指せます。
・作業の標準化により業務クオリティを維持・向上させることができる。

こんな悩みに応えます

・個人の資質による対応のばらつきが見られ、サービスの標準化ができない。
・いちいち指示しないと問題が解決できない。
・古いマニュアルを手直ししたい。新しい業務を追加したい。
・よくある事例をマニュアルで共有したい。

アレンジについて

 

※トレーナー養成セミナーを合わせて受講されることで、知識・スキルの効果性・効率性を高める。
※全国どこへでも講師を派遣いたします。お気軽にご相談ください。

スケジュール例(1日コース)

第1日目
10:30 1.オリエンテーション
※セミナーの目的/アイスブレイク(自己紹介など)
11:00 2.マニュアルの目的と役割
何が書かれていて、どのように活用するのか

3.トレーニングとマニュアルのリンク
組織のビジョンと業務内容の関連を伝えるには

4.マニュアル記述の注意点
マニュアルに適した文章と陥りやすい間違い
12:00 昼食
13:00 5.ワーク「マニュアル作成」
項目の抜粋から作業手順のブレイクダウンまで
一項目を実際にチャレンジしてみる
16:00 6.活用とメンテナンスについて
メンテナンスで磨かれていくマニュアル
17:00 終了
  • お問い合わせフォーム
  • メールマガジンの購読

鎌田洋の Twitter

鎌田洋のアメブロ